会長挨拶
朝霞地区歯科医師会ホームページにようこそ。
令和元年より会長に就任いたしました須田勝行でございます。
本会は昭和47年、朝霞、和光、新座、志木の4市の40数名の歯科医師で発足した学術団体でございます。
そして平成8年4月1日に埼玉県より認可を受け公益法人として事業の拡大をはかり、寝たきり高齢者の歯科診療をはじめとする4市市民の歯科保健向上のための活動をする目的を持って日々地域住民の皆さんのために御協力させていただいております。
平成24年より一般社団法人となり現在我々(一社)朝霞地区歯科医師会会員は市民の皆様とは、幼稚園、保育園、小中学校をはじめとする学校歯科保健事業やライフステージごとの各市保健センターでの各種健診事業、市内の各歯科医院において行われている親子歯科健診、或いは妊産婦における母親教室、休日歯科応急診療所(新座市保健センター内)、8020よい歯のコンクール、そして4市の健康祭り等さまざまなところで接する機会を得ております。
勿論、日頃より現在143名の会員の診療室においても、「かかりつけの歯医者さん」として或いは障害者歯科相談医として4市市民の皆様のお口の健康維持にご協力させていただいております。
また平成27年からは団塊の世代が後期高齢者に達する2025年に備える地域包括ケアシステムに対応するために在宅歯科医療推進窓口を設置し、在宅歯科医療のニーズに対応できる環境を構築しています。
高齢化社会の中、健康寿命と年齢寿命をいかにして近づけるか、すなわち長寿を全うするまで健康な状態で生活をしていただくためにも、乳幼児から高齢者まですべての皆様のお口の健康の番人として、どうぞこれからも地域住民と伴にある(一社)朝霞地区歯科医師会の会員の診療室に安心しておいでいただきお気軽にご相談ください